HAZARD Buster

ハザードバスター 機能概要

スマートフォンに内蔵のGPSを利用し、
世界中にいる出張者の安否確認が迅速・簡単に行えます。

# 標準搭載機能 昨日詳細
1 現在地確認
現在地送信
位置履歴閲覧
  • 管理者は、WEBから各出張者の位置情報を確認・情報取得が行える。
  • 出張者は、スマホから安否報告、状況コメント、位置情報を送信し管理者へ通知が行える。
  • 管理者は、地図上で出張者の所在を確認できる。(※出張者の位置情報履歴は3ヶ月間保存可)
  • 管理者は、随時位置情報の自動取得が行う事ができ、出張者の所在確認が行える。
2 安否確認
  • 管理者から出張者に対し、一斉に安否確認依頼通知を行える。
  • 送信数に対し、管理者は返信の有無をWebで確認でき再通知が行える。
3 お知らせ(掲示板)
  • 管理者は、災害情報、注意喚起等を掲示板に書き込み、出張者へのアナウンスが行える。
4 チャット
  • 管理者⇔出張者間、出張者同士で簡易メッセージ連絡が行える。
5 CSV入出力
  • CSVデータを取り込み、アプリ利用者の追加・編集・削除が行え、手入力作業の必要がない。
  • 安否報告、位置情報リストでのCSVデータ出力が行える。

その他

グループ設定
部署毎や出張メンバーのグルーピングが行え、操作権限の付与が行える。
スポット設定
スポット(特定の場所)とそこからの通知範囲(半径)を設定し、範囲内にいる出張者(対象者)へ注意喚起が行える。
多言語表示
タイトル・項目等を6か国語で表示(入力内容は入力時の言語となります)

※通常はGoogle地図を利用、中国国内で位置情報を閲覧する場合には百度地図を利用。

管理者PC 主な機能

1)管理者画面へのログイン

PC/スマートフォンでログイン
出張者の利用用途に合わせて操作権限付与が行えます。

2)出張者からの報告一覧

出張者の位置情報を一覧でソートしたり、国や地域、位置取得時間等の
条件より絞込み検索、表示一覧のCSV形式出力が行えます。

3)安否確認

出張者に対し安否確認依頼を一斉に送信が出来る。返信の有無も確認できる。

4)現在位置確認

管理者はWebから、出張者が発信する情報や、システムから自動取得する
位置情報を確認できる。緊急時は管理者から出張者を探す事が可能。 ※管理者から位置を取得する場合、出張者のスマートフォンのアプリが動作中である事 ※出張者のスマートフォンの電源がOFFの場合や圏外の場合には検索できません

5)位置履歴

出張者の位置履歴を地図上に表示し移動履歴を記録。
取得間隔の時間設定を行えば自動的に出張者の移動履歴が確認出来ます。 ※データ保存期間3ヶ月

出張者端末 主な機能

1)出張者端末 画面機能

アプリより、安否報告、位置情報の送信、掲示板やチャット等の利用が出来る。

ご利用までの流れ

スマートフォンとインターネット接続可能なPCがあれば、
その他特別な設備は必要ありません。

対応OS・ブラウザ

・OS
アンドロイド4.0.3以降/ios8.0以降
・ブラウザ
Internet Explorer10以降/Google Chrome/Firefox/Safari